美容・ダイエット

ベリーショートのメリット・デメリット【美人しか似合わないの?】

人生に一度はベリーショートにしてみたい!と思ったことがあるのではないでしょうか。

しかし、以下のような理由でなかなか踏み切れないのではないかと思います。例えば…

失敗したら最悪

男性ウケ悪いかも…

顔まわり誤魔化せない

女の子らしくなくなる…

美人しか似合わないのでは

ヘアアレンジ飽きそう

などなど…

ちなみにこれらは私がベリーショートにする前に不安だったことで、ベリショにしたいと思って実行するまでに1年くらいかかりました笑

それでもまだベリーショートへの思いを断ち切れない!という方に向けて、ベリーショート歴半年くらいの私が、上記の内容について触れた上でそのリアルなデメリットとメリットをご紹介します。

これを読めば、ベリーショートにするか否かを決断する判断材料になりますよ!

 

美人しか似合わない?ベリショ前にデメリットと思っていたこと

まず、ベリーショートのデメリットですが、冒頭に挙げた「迷う要因」と、私が実感したことなどを正直にシェアします。

失敗したら最悪だけどテストしてみると良いかも

ベリーショートにしてしまうと、個人差(顔の形や髪質など)によりますが、もし自分が「合う」と思わなければ、しばらくの間はつらい思いをしなければなりません。

伸びるまでの時間を長く要するからです。

しかし、ベリーショートにするということは、美容師さんにとっても慎重になることだと私の行きつけの美容院の店長から聞きました。

ですから、「ベリーショートにしてください」と言って「はい、分かりました!」といきなり切るケースは少なく、切った後どんなイメージになるかなど、切る前に通常よりしっかり相談することが多いようです。

そして、そこで思い留まってしまう方が多いようです。

勇気を要する髪型であることに間違いはありませんから、まずは「してみたいんですけど…」と相談して、話を聞いてみるだけでも良いかもしれません。

または、ベリーショートに近い髪型にしてもらって、合うかどうか自分の中で判断するのも手だと思いますし、私はそれをやり、個人的には正解でした!

男性ウケが悪い?

男性ウケが悪いかもしれません。

ショートヘアが好きな男性は多いですが、ベリーショートが好きという男性はあまり…聞いたことがありません。

また、私がアンケートを取ったわけではありませんが、「女性の好きでない髪型ランキング」という旨の上位にベリーショートが君臨しているのを何度か見たことがあります。

全ての男性の好みを知ることは不可能ですから、男性ウケについては何とも言えませんが、ベリーショートにすることにより、「可愛い」よりも「かっこいい」という印象に変わることは間違いなさそうです。

ですから「男性ウケ」を強く気にするのであれば考え直した方が良いかもしれません。

ちなみに私は「男性ウケ」よりも自分のなりたい姿を優先しました。そういう方にとってはあまり問題にならないことだと思います。

顔まわりが誤魔化しにくくなる?

ベリーショートにするとどうしても、顔まわりを髪で隠すことができなくなり、誤魔化しにくくなってしまいます。

かつてロングヘアー+サイドを後ろの毛で隠していた私はそれを痛感しました。

しかし、ベリーショートでもサイドを多めに残すことはできるため、極端に顔が全面に出る心配はありません。

女の子らしさがなくなる?

ベリーショートにすると、可愛らしさよりも「かっこいい」印象が強くなってしまいます。

ですから、今まで着ていた「可愛い系」の服が合わなくなってしまう可能性が高いです。

美人しか似合わない?

ベリーショートは美人しか似合わない!という話をよく聞きますが、個人的にはそんなことはないと思います。

なぜ「ベリーショート=美人」という風潮があるのかと言うと、シンプルに美人が何でも似合うからです。

さらに、顔立ちが美しくあるがために、髪型で隠したり誤魔化したりする必要がないという理由もあります。

しかし、私の場合は、ロングで顔を隠すよりも、顔を出し切った方が、すっきりとした印象になり、「前より似合う!」と言われました。また、顔が男顔であることも関係しています。

必ずしも「ベリーショート=美人」とは限りません。

少し話が変わりますが…

逆に、「ベリショ=美人」を利用することができます。

ベリーショートにすれば「もしかして私って美人かもしれない…?」と思うことができます。

そして、自信を持つようになれば顔つきが変わり、美人になっていくのです。

自分で自分を美人だと信じれば、顔は変わります。

ヘアアレンジ飽きそう?

ベリーショートは、ご想像の通りヘアアレンジの幅がだいぶ狭くなります。

よって、ヘアアレンジにこだわっている方にとっては不向きです。

タイプ別デメリットまとめ

以上のように、ベリーショートにする前の不安要素は色々ありましたが、それらが必ず全員に対してデメリットになるというわけではありません

ですから、こういう方にはデメリットになるというのをまとめました。

男性ウケが良くないかも 男性ウケを特に気にする方には向きません。
可愛い服が合わなくなる 明らかに女性らしい服装が「かっこいい」イメージの強いベリーショートには似合いにくくなります。よって、可愛い服を好む方にはオススメできません。
ヘアアレンジほぼできない ヘアアレンジの幅がぐんと狭くなります。ヘアアレンジやアクセサリーにこだわる方には向きません。

こうして見ると少ないですね。

特にベリーショートにすることを思いとどまる理由が「失敗が怖い」だと思いますが、それはベリーショートに近い髪型にしてテストするという方法で解決できます

例えば、今までロングだった方はとりあえずショートにして見るとか、ショートだった方はいつもより多めに髪を切ってみるなど…

いきなりベリーショートに挑戦しなければ不安を払拭することができますよ。

ベリーショートのメリット

次に、私が実際ベリーショートにしてみて良かった!と感じたことを紹介します。

ドライヤー時短最高

髪の毛の量が減ったことで、当然ドライヤーで乾かす時間も短くなります。些細なことではありますが、毎日のことですから、これが時間短縮できたのはとても快適です!

友人と旅行に行った時なども、ドライヤーを長く独占せずに済みます笑

シャンプーやコンディショナーが長持ちする

髪の毛の量が減りますから、使用するシャンプーやコンディショナー、その他ヘアミルクやヘアオイルなどのヘアケア用品の消耗量も減ります。

よって、節約になります。

夏は涼しくて快適

夏は涼しくて快適です。

ロングの場合はポニーテールができますが、それでも暑いですし、ショートの場合も首回りの髪の毛が暑い…

しかし、ベリーショートの場合はすっきりしているため、髪の毛に関して暑いとかうっとおしいと感じることがほぼありません。快適です。

ウイッグを被りやすい

髪の毛の量が減ることで、ウイッグが被りやすくなります。

ウイッグと言うとコスプレ…?と思われそうですが、コスプレに限らず、気分転換に髪型を変える時に使用するものも多く存在します。

オススメ

コスプレではなく、普段使いできるものは多くありますが、特に「インマン」ブランドのウイッグが自然に使用できました。髪型を変えて楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

 

フェイスラインに気をつけるようになる

ベリーショートになると、フェイスラインを髪の毛で誤魔化すことが難しくなります。

それはデメリットに挙げたことではあるのですが、逆にフェイスラインを気にするようになると言う点ではメリットになります。

髪で隠すことが出来なくなってしまうからこそ、むくみに気をつけたり、たるみ対策のマッサージ・体操をするなど、嫌でも意識することになります。

そしてその結果、フェイスラインに関するコンプレックスが解消され、ルックスの自信へ繋がります。

なんとなく自信がついた

メンタル面の話にはなりますが、個人的にはここが一番良かったと思います。

髪の毛で顔を隠すことができなくなり、顔が前面に出ている…と言う感覚なのですが、かえってそれが堂々としているような気持ちになり、自信に繋がりました。

まとめ

以上、ベリーショートに関するデメリットとメリットの話でした。ある意味極端な髪型ですから、デメリットが多いものの、そのデメリットは人による部分があることがわかりましたね。

また、メリットに関しては生活を快適に送ることができるという要素が強く、メンタル面にも影響を与えてくれました。

もしこの記事のメリットに惹かれて、ベリーショートにしてみたい!という気持ちになった方は、まずはベリーショートに近い髪型にしてみるか、美容師さんに相談してみるなどしてみてくださいね。

その先には、快適ライフと新たな自分が待っていますよ!

ホットペッパービューティーで美容院を予約する!

【オススメ】

自分を好きになれない…その思いが、苦しい恋愛にしているかもしれません。ですが、自分の思い込みさえ好みに変えてしまえば、望む恋愛ができるということ。それを叶える具体的な方法が図解付きで書かれています。

【ご案内】
自分を満たし、自立をするためには、自分と向き合ったり、自分についてもっと知る…という姿勢が大切で、その方法はいくつかあります。
そのうちの1つで有効なアクションについてこちらの記事にまとめています。
自分にもっと向き合う!
少しでも早く結果が欲しい…!という方はぜひ参考にしてください。