恋愛

ネガティブな時こそ自分にギフトを贈る【嫌な気持ちを引きずらない】

自分に優しくすることが難しいと感じるあなたが、自分を大切にするための行動として、「ネガティブな時こそ自分にギフトを与える」行動をとれば、セルフケア能力が高まります。

嫌なことが起これば、当然嫌な気持ちになります。そこで、その嫌な気持ちをそのまま引きずるのか、自分でケアすることで、嫌な気持ちを引きずらないのかで、自分の状態に変化が起こるのです。

もちろん、ネガティブな気持ちを否定したり、それに蓋をする必要はありません

ネガティブなことがあるからこそ、幸福なことを得られるつまり、ネガティブは排除すべきものではなく、必要なことなのです。それを理解した上で、ネガティブをそのまま放置しないことを意識づけていきます。

「ネガティブな時こそ自分にギフトを贈る」を実行することで、

・嫌な気持ちを引きずらない

・自分で自分の気持ちを癒すことができる

・何が起こっても極端に落ち込むことが減る

というメリットがあります。

嫌な出来事があると、その時だけではなくその後も思い出してネガティブな気持ちになってしまいますよね。ですが、考えすぎては自分の心の状況が悪化してしまいます。

・つい自分に厳しくしてしまう

・気持ちの切り替えが難しいと感じる

・我慢する癖がある

・嫌な気持ちを引きずってしまう

こういったことに心当たりのある方は、これからお話しする「ネガティブな時こそ自分にギフトを贈る」を実践してみてくださいね。

 

 

ネガティブな時こそ自分へギフトを【嫌な気持ちを引きずらない】

プレゼントやご褒美という言葉を聞けば、通常はお祝い事や何かを達成した時に得られるものとイメージしますよね。どちらかといえば、ポジティブな出来事に伴うことだと思います。

ですが、今回お話しするのは、ネガティブな状況でこそ自分にギフトをあげてほしいということです。

もちろん、通常のイメージポジティブな時にギフトを贈ることは良いことなのですが、それではただでさえ良いことが起こっている状況にさらに良いことを上乗せする状態です。

しかし、ネガティブな時は、ギフトどころかその悪い出来事を思い出して嫌なことを思い出してしまうなど、さらにネガティブなことを上乗せするという状況になっています。

よって、ネガティブな時こそ、自分の望むものを自分に贈り、「ネガティブのまま放置しない」、「嫌な気持ちを引きずらない」という意識が必要になってくるのです。

ネガティブは排除してはいけない

ネガティブなことが起こった時、ギフトなんて気分にはなれないし、無理やりポジティブになるようで、抵抗を感じるかもしれません。

冒頭でも述べたとおり、ネガティブは排除したり、ごまかす必要はありません。なぜなら、幸福感を得るためにはネガティブな要素は必ず必要だからです。

嫌な出来事や悲しいと感じることがなければ、その逆嬉しい出来事や幸せな気持ちを「感じることは不可能です。

しかし、「嫌な気持ち」をそのまま引きずってしまえば、さらに嫌な出来事を起こしてしまうのです。

例えば、人に会っても八つ当たりをしてしまうかもしれませんし、成功している人を見ると嫉妬してさらに落ち込んでしまうという可能性があります。

だからこそ、ネガティブを「放置しない」という意識が大切になるのです。

どんなギフトを贈るのか

ネガティブな出来事や、嫌な気持ちになった時は、なるべく早めに対処すべきです。例えば、こんな方法があります。

・自分に優しい言葉をかける

・好きな音楽を聴いて気分を落ち着ける

・食べたかったものを食べてみる

・欲しかったものを買ってみる

・好きな場所へ行ってみる

など

状況によってはすぐ上記のようなことはできないかもしれませんが、「自分に優しい言葉をかける」であればどんな時でもできるはずです。

ただ、言葉だけではなかなか癒えないこともあるため、できれば行動に移す方が良いです。ですが、気持ちが落ち込んでいると、なかなか思いつかない場合もあるため、普段から自分のご褒美を考えておくこと良いですよ。

欲しいものリストを作っておく

欲しいと思ったものを、安いものから高価なものまでリストアップします。

あまり思い浮かばない場合は、今使用しているもので痛んでいたり、そろそろ買い替えが必要かな?と思うものを書いておくと良いです。

参考

・欲しいもの

・買い替えが必要なもの(痛んだり古くなっている)

・食べたい食べ物

・好き、読んでみたい本

好きなこと・やりたいことを明確に

やっていて楽しいと感じることや、やってみたいことについて、比較的すぐできることから手間や時間を要するものまで、幅広く明確にしておくと、行動に移しやすいです。

参考

・好きな音楽

・好き、行ってみたい場所

・好き、見たい作品や番組

・はまっていることや趣味

・マッサージ、美容院など

まとめ

ネガティブなことが起こったり、嫌な気持ちになった時、そのまま引きずったり、放置をせず、痛みを感じた上で対処することで、自分に優しくする感覚を得ることができます。

ネガティブな時こそ自分にギフトを贈るということを行動にしていけば、自分の状態が良くなることはもちろん、良いことも起こりやすくなりますから、まずは事前準備としてチェックリストを作ってみてくださいね。

 

【オススメ】

自分を好きになれない…その思いが、苦しい恋愛にしているかもしれません。ですが、自分の思い込みさえ好みに変えてしまえば、望む恋愛ができるということ。それを叶える具体的な方法が図解付きで書かれています。

彼氏依存を克服し彼に追われる私になる【潜在意識も活用】今、このページをみてくださているあなたは、彼氏への依存をやめたいと苦しんでいませんか。 ですが、そんなつらい日々を送るのもまもなく終わ...
自分に優しくできれば自分を大切にできる「自分を大切にする」には、「自分に優しくする」ことを意識する必要があります。 大切な物は放り投げたり、雑に扱ったりしないですよね。それ...
【ご案内】
自分を満たし、自立をするためには、自分と向き合ったり、自分についてもっと知る…という姿勢が大切で、その方法はいくつかあります。
そのうちの1つで有効なアクションについてこちらの記事にまとめています。
自分にもっと向き合う!
少しでも早く結果が欲しい…!という方はぜひ参考にしてください。