恋愛

望むことを口に出してそれを現実に起こしていく【アファメーション活用】

とにかく自分が嫌い!

なぜかわからないけど自分を好きになれない!

…そんなあなたにとって、「無条件に自分を肯定する」ことができるようになるために、アファメーションつまり、自分に肯定的な言葉を宣言することがとても効果的なアクションになります。

無条件に肯定できれば自分を好きになれる【彼氏から自立するために】」の記事内では、今の状態を認め、自分と対話するワークを行いましたが、次に必要になってくるのは、望む自分になることです。

今の自分は、

・頑張らなければいけない

・自分は人から必要とされない

・自分のことが大嫌い

こういう状態かもしれません。まずはこれを受け入れることが必要ですが、ずっとこのままであれば、現実もずっとこのままです。

自分自身がこういったことを根底で信じているため、

・頑張らなきゃいけない状況が起こったり、

・人から必要とされないと感じたり

・自分のことは好きになれないと思ったり

そのまま起きているのです。このままではしんどいですよね。では、そうすれば良いかといえば、それをひっくり返すのです。

・楽してもうまくいく

・人から必要とされる私

・自分のことが大好き

こういったことを自分が心から思うようになれば、

・大した努力をしていないのにことがうまく運ぶ

・人から必要とされていると実感できる

・自分のことを親友のように扱える

ということが現実に起こるようになります。

にわかには信じ難いかもしれませんね。

今までと真逆のことを本音として思うことは難しいと感じるかもしれません。

ですが、アファメーションを正しいやり方で行えば、それは実現可能なのです。

・ネガティブばかりの日々から抜け出したい

・心から前向きに考えられるようになりたい

・自分をもっと好きになりたい

当てはまる方は、ぜひ積極的にこれから挙げることを活用してください。

 

 

まずは思ってなくとも繰り返し言ってみる

今までとは反対の考えをいきなり思い込むことは、当然ながら難しいです。ですから、まずは望むことを「口に出す」だけしてみましょう。

例えば、

「今日も私って素敵だなぁ

「こんなことに気づくとか私って天才だな」

「私ってやっぱすごいわ、最高!」

「私って彼に愛されてるな~」

などなど

心から思えなくても大丈夫です。

ポイントは、

・気軽に楽しい気持ちで行うこと

不快感や強い抵抗がある場合は逆効果のため、控えてください

・肯定文を使うこと

例えば「嫌われていない」ではなく、「好かれている」の方が有効です。

「ない」が存在しない潜在意識は、「嫌われていない」の場合、「嫌われて」+「ない」と否定していても、「嫌われて」の方を拾ってしまうからです。

・できれば発声する

周りに人がいなければ、できるだけ小声でも発生してみてください。周りに人がいる環境なら心の中でもOKです。

そして、慣れてきたら

・その状態になりきる、なっている時の感情に浸る

望むことを口にした時、その状態になったらどんな気持ちになるでしょうか

その状況をできるだけ具体的に想像し、どんな良い気分になるのかを想像し、感じてください。

最初は「言っている」だけですから何の変化もありません。何の意味もないじゃないか!と思われるかもしれませんが、まずは毎日!気づいた時に唱え、癖づけて欲しいのです。

なぜ「口に出す」ことで現実になるのか

本記事の冒頭で、今思考していることが現実になっているということを説明しましたが、どうして「口に出す」ことでそれが現実になっていくのかということをもう少し詳しく説明します。

今起こっている出来事は、良くも悪くも自分が心の奥底で思い込んでいることによって起きています。

・頑張らなきゃいけない状況は、「頑張らなきゃいけない」という思い込みによって起こり

・人から必要とされないと感じるのは「自分は不要な存在」という思い込みによって起こり

・自分のことは好きになれないと思うのは「自分のことを好きになってはいけない」という思い込みによって起こっています

中には「そんなこと思ってない」ということもあるかもしれませんが、こういった思い込み・無意識=「潜在意識」は自分で認知をすることが難しいですから、意識レベルではわかりません。

よって、この潜在意識さえ変えてしまえば、現実も変えることができるという仕組みです。

一方、普段意識して思考すること「今日は何を着ようかな?」「どこへ行こうかな」など、認知できるものを「顕在意識」と言います。この顕在意識でできることが、「口に出す」ことです。

そして、潜在意識は顕在意識に忠実ですから、「口に出す」ことを良い意味であろうと悪い意味であろうとそのまま信じ込んでしまうのです。

続けることで、潜在意識(無意識、普段意識して考えないこと)に肯定的な言葉が定着し、思考や現実に変化が起こるというのが、「口に出すこと」で現実になるということです。

現実とのギャップに苦しくなったら

とはいえ、本音で思っていないことを言いつづけていると、いくら現実化すると思っていても、現実とのギャップに苦しくなってしまいますよね。

そこで知っておいていただきたいのが、潜在意識(無意識)の力の強さです。

潜在意識は、顕在意識に忠実ではあるのですが潜在意識と顕在意識(意識して考えること)の力関係は、「潜在意識約95%:顕在意識約5%」と、潜在意識の方が圧倒的に強いのです。

ですから、最初にいくら「自分は素敵」(顕在意識)と思っても、「でも本当はそう思ってない」(潜在意識)という無意識が働き、引っ張られてしまいます。

苦しみはその不一致によるものです。

よって、繰り返し唱えることで95%をも占める潜在意識を書き換える必要があります。

また、現実をスルーするスキルも必要です。

まるで現実逃避のようですが、「今起こっている望まないことは、過去の潜在意識により現実化されたものだ」と考え、ただひたすら「望む方の自分」を信じるのです。

長年思い込んできたことや、信じていたことを変えるのはなかなか難しいです。それは、約95%を占める潜在意識が、変わろうとしているあなたを心配し、引き止めようとしてくるからです。

「楽して生きられるわけないじゃん!だって今まで頑張らなきゃって思ってたもん」

「人から必要とされるわけないじゃん!だって今まで不要だって思ってたでしょ!」

「自分のこと好きになんてなれないよ!今までもそうだったでしょ?」

このように、望む方向へシフトしようとするあなたを全力で止めに来るでしょう。ですが、

「心配ありがとう、だけど大丈夫。今まではそうだったかもしれないけど、これからは違うの」と、勇気を持って断ち切って欲しいのです。

自分が望む自分になれることを信じ、変わる勇気を持つことができれば、必ず変わります。

まとめ

自分を無条件に肯定するために、効果的なアクションはアファメーションです。

現状の自分の本音や状態をありのまま受け入れたら、次はそれを改善する必要があるからです。

「自分が嫌い」「自分を認められない」など、自分を無条件に好きになることが難しい場合、「自分が好き」「自分を認められる」自分にシフトしなければなりません。そのためには、今までの自分の中の思い込みや常識を望む方に書き換えることが有効になります。

まずは単純に「口に出す」ことを楽しんで行うことをしてみてください。そして、それを行う過程で、かつての思い込みが不安として現れるなら、その度に「自分はこうなるんだ」と信じてください。

こうしたアクションが、必ず現状を変えてくれます。

 

【オススメ】

自分を好きになれない…その思いが、苦しい恋愛にしているかもしれません。ですが、自分の思い込みさえ好みに変えてしまえば、望む恋愛ができるということ。それを叶える具体的な方法が図解付きで書かれています。

彼氏依存を克服し彼に追われる私になる【潜在意識も活用】今、このページをみてくださているあなたは、彼氏への依存をやめたいと苦しんでいませんか。 ですが、そんなつらい日々を送るのもまもなく終わ...
自分の内面を整え自立すれば彼に追われる私になれる【潜在意識の活用】彼氏依存を根本的に克服するためにやるべきことは、駆け引きでも彼を変えることでもなく、自分自身の内面を整え、自立をすることです。 いっけ...
無条件に肯定できれば自分を好きになれる【彼氏から自立するために】「自分を好きになる」ためには、「無条件に自分を肯定する」ことが必要になります。 それは、「無条件」であるがために、自分がどんな状況にあ...
【ご案内】
自分を満たし、自立をするためには、自分と向き合ったり、自分についてもっと知る…という姿勢が大切で、その方法はいくつかあります。
そのうちの1つで有効なアクションについてこちらの記事にまとめています。
自分にもっと向き合う!
少しでも早く結果が欲しい…!という方はぜひ参考にしてください。